北マケドニアの観光スポット「スコピエ要塞」とは?

スコピエ要塞と国旗 北マケドニア
スコピエ要塞とはためく北マケドニアの国旗

日本人があまり行かないマイナーな国である北マケドニア。
その首都であるスコピエにはいくつもの観光スポットが点在しています。

今回はその中の1つである、スコピエ要塞について紹介します。
北マケドニアに観光スポットについて興味がある方は、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

そもそもスコピエ要塞って何?

スコピエ要塞(別名ケール)は、紀元前4000年前に人々が生活していたエリアに立てられた要塞のこと。
東ローマ帝国の皇帝であったユスティニアヌス大帝の統治時代に建設されたものであり、常にスコピエの町並みを見下ろす象徴として、市旗にも描かれています。

2006年頃から本格的な調査が始まり、紀元前3000年前の装飾品や楽器などを発掘。
過去にはスコピエ要塞に関する事件も起きていますが現在は落ち着いており、誰でも無料で観光できるスポットになっています。

スポンサーリンク

スコピエ要塞へ実際に行ってみた!

外観はしっかりとしているスコピエ要塞

2019年9月頃、実際にスコピエ要塞へ行ってみました。
丘の上まで登るのは少し大変ですが、せっかく観光するのであればぜひ巡ってみましょう。

なぜここに兵器が…?

錆びついてもかっこよさは変わらない

スコピエ要塞の手前には小さな公園があるのですが、なぜかここには古い大砲があります。
いつどんな目的で使われたのか不明ですが、きっとここが需要な場所だったのでしょう。

要塞内に目立つもの特になし

無料で入れるが、入っていいのか不安になってしまうような雰囲気

要塞内には特に目立つものはなく、ちょっとした博物館というものもありません。
強いて言うならば頭の上で輪っかを作っている像があるくらいでしょうか…。

スコピエ要塞内に唯一ある像

城壁から街の景色が一望できる!

スコピエ橋や銅像など、中心部が眺められる

パッと見ただけでは何もない場所ですが、城壁まで近づくとスコピエの町並みを眺められます
スコピエのシンボル的存在であるスコピエ橋やその下を流れるヴァルダル川も眺めることができ、スコピエがどのような街なのか把握できますよ。

真ん中に見えるのがヴァルダル川

城壁を歩いても何もない

なんだか歩いてみたくなるけども…

ついつい城壁に沿って歩きたくなってしまうかもしれませんが、あまりおすすめできません。
なぜなら、そのまま歩いても何もないからです。
中途半端なところで行き止まりであり、「わざわざここまで歩いた意味無いじゃん…」という後悔に襲われます。

スポンサーリンク

スコピエ要塞は街を見下ろせる最高のビューポイント!

一応、要塞内には遺跡らしきものがある

今回は北マケドニアの首都にあるスコピエ要塞について紹介しました。
スコピエ中心部は立派な建物や銅像が多いため、ぜひスコピエ要塞から見下ろして街の雰囲気を感じてみてください!

▼スコピエの海外航空券はこちら!▼

スカイスキャナー
【Skyscannerの魅力】

・約1200社の航空会社・LCC・旅行代理店の航空券を簡単比較

・さまざまな検索方法で理想的な航空券を見つけられる

【Trip.comの魅力】

・アジアの格安航空券がそろっている

・鉄道やホテルなどの予約もできる

【Surpriceの魅力】

・定期的にお得なセールを開催

・日本の旅行代理店だから英語が不安な方も安心

【Expediaの魅力】

・航空券とホテルをまとめて予約できる

・会員限定のお得な特典がある

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました