海外旅行でクレジットカードなしをおすすめしない5つの理由

クレカなし理由のサムネ クレジットカード

現金無しで簡単に決済できるクレジットカードですが、海外に持っていくのが不安な方もいることでしょう。
確かに日本よりも治安が悪い場所へ行けばスリやスキミングなどの被害に遭うかもしれませんが、かといって現金だけで海外へ旅行するのはおすすめできません。

そこで今回は、クレジットカードなしでの海外旅行がおすすめできない理由や持っていくことへのメリット・デメリットなどを紹介します
海外旅行にクレジットカードを持っていくのが不安な方や、旅行のために発行しようか悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

クレジットカードなしで海外旅行することもできるが…

結論としては、クレジットカードが無くても海外へ旅行できます。
実際、屋台や地元の小売店などでは、現金のみの場合もあります。そのため、現金自体は必ず持っておくべきものです。

しかし、だからとって現金だけで行くのはおすすめできません。
理想としては、クレジットカードメインで万が一のために現金も持っておくスタイルがおすすめです

クレジットカードなしでの海外旅行をおすすめしない理由

現金だけでの海外旅行をおすすめしない理由は5つあります。それぞれどのようなものなのでしょうか。

①現金を持ち歩かなくてはならない

クレジットカードを持っていなければ、現金を持ち歩かなければなりません。
ただ、現金をたんまりと持ち歩くと、盗まれてしまう恐れがあります
仮に盗まれた額が数百円程度であれば問題ないと思うかもしれませんが、数万円となれば後悔してしまうはずです。

②支払いが大変

現地通貨の中には日本よりも複雑なケースもあり、すぐに使いこなすことは非常に難しいです
そのため、気がつけば小銭だらけになってしまうかもしれません。
旅の思い出として残しておくのもいいですが、あまりにも多すぎると処理に困ってしまうでしょう。

吉史
吉史

ポケットチェンジも全通貨に対応しているわけではないので…

③ATMで下ろすと手数料が発生する

海外のATMからお金を引き出す場合、どうしても手数料がかかってしまいます
その上、手数料は銀行によって異なる上に日本のキャッシュカードでは対応していません。
上記で述べたように現金を全く持ち歩かないのもよくありませんが、だからといって現金しか持ち歩かないのもおすすめできないでしょう。

④ホテルや航空券予約などができない

海外のホテルや航空券、レンタカーなどを予約する際、クレジットカードが求められる場合があります
例えば、ホテルの場合はクレジットカードを提示しないとチェックインできないことも。
航空券も同様で、チャイナエアラインの場合は以下のようなルールを設けています。

クレジットカード決済の完了後、「チャイナ エアラインのクレジットカード決済に関するご注意」という表題のメールを受信されましたら、ご購入時に使用したクレジットカードを空港にてチェックインの際にご提示いただくか、または、最初のフライトのご出発日の遅くとも72時間前までに、チャイナ エアラインの支店にて使用したクレジットカードによるお手続きをお済ませください。手続きを完了されてない場合は、ご搭乗いただけません。別途、新しい航空券をご購入いただくようお願い致します。

引用元:チャイナエアライン公式サイト

⑤アメリカに入国できない

アメリカに入国する際にはESTAを申請しなければなりませんが、支払うためにはクレジットカードしかありません
現金は受け付けておらず、ESTAの認証が無いまま向かうと、入国できない恐れがあります。

クレジットカードがある海外旅行のメリット

上記ではさまざまなデメリットを紹介しましたが、反対に持っているといくつものメリットがあります。

①支払いが楽

クレジットカードであれば、購入するときに店員へ渡したり自分で機械に挿入したりするだけで支払えます。
現金のようにいちいちお金を数える手間がない上に、チップも支払えます。
そのため、スムーズに会計を済ませたいときにぴったりです。

②海外旅行保険が付いている

クレジットカードによっては、なにか起きても安心できる海外旅行保険が備わっています
補償額や発動する条件が異なるとはいえ、万が一のことが起きても安心です。

なお、以下のサイトではクレジットカードの保険と民間企業が行っている海外旅行保険の比較を紹介しています。
どっちに入れば良いのか分からない方やクレジットカードの保険についてもう少し詳しく知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

③マイルを貯められる

クレジットカードの中にはマイルが貯められるものもあり、これからマイルを貯めていきたい方にもおすすめ
主なカードとしては「MileagePlusセゾンカード」や「ANA一般カード」など。
その他にもマイルが貯められるカードがあるため、自分が利用する航空会社や貯めたいマイルの種類に応じて選んでみると良いでしょう。

④海外キャッシング機能でATMからお金をおろせる

エポスカード 海外キャッシング

もし現金が必要になったのであれば、海外キャッシング機能が使えます
海外キャッシング機能とは、現地のATMから現地通貨を借り入れること。
あくまで借り入れなので後ほど返さなければなりませんが、それでも急遽現金が欲しいときに便利な機能です。

⑤さまざまなことが予約できる

上記で述べたように、クレジットカードがあるとホテルや航空券などが予約しやすくなります
特に海外のサイトで予約する場合は日本の銀行やコンビニから支払えないため、カードがあるためで予約できるものの幅が広がります。

クレジットカードがある海外旅行のデメリット

海外旅行保険や海外キャッシング機能などのメリットはいろいろとありますが、ちょっとした欠点もあります。
一体どのようなものでしょうか。

屋台での支払いができない

屋台は、現在でも現金のみが多いです
そのため、台湾やタイなどへ行く際は忘れずに現金を持っておきましょう。
また、個人的な経験ですが、双方ともコンビニでクレジットカードが使えませんでした。

吉史
吉史

ちなみに、台湾の場合は電子決済OKな屋台もありました…

ブランド次第では対応していないことも

クレジットカードには、VISAやマスターカード、JCBといったブランドがあります。
しかし、利用する場所によっては対応しているブランドが少ない場合も
基本的にはVISAやマスターカードであればほとんど対応してもらえますが、それ以外の場合は注意しましょう。

どうしてもクレジットカードを発行できない場合の代用策

クレジットカードを手に入れるためには、審査を通過しなければなりません。
しかし、中には年齢や収入から審査が通らない方もいることでしょう。もしそうであれば、以下の代用策があります。

家族カード

知らなきゃ損する!?クレカの「家族カード」って何?メリットや審査・仕組み・オススメまでを徹底解説。

もし家族の誰かがクレジットカードを持っているのであれば、家族カードが入手できます
家族カードとは、クレジットカードの所有者である会員の家族が、同じものを追加で発行したカードのこと。
家族カードの場合は会員の信用情報が適用されるため、審査が通りやすいとされています。
その上、年会費が安く本会員カードの同じ補償額の保険が付いています。

デメリットは、家族カードの引き落とし口座を変更できないことやクレジットヒストリーが育たないことなど。
もし家族カードを入手したいのであれば、デメリットのことも考えて家族に聞いてみましょう。

デビットカード

Visa デビットカード 海外旅行編

デビットカードとは、預金口座と紐付けされたカードのこと
利用するとすぐに口座から引き落とされるため、どのくらい利用したのか把握しやすいというメリットがあります。
審査に関しては必要なく、中学生を除く16歳以上の未成年や収入がない方でも入手できます。

ただし、分割払い・リボ払いができないことやクレジットヒストリーが作れないこと、ポイントの還元率がクレジットカードより低いことなどのデメリットも。
とはいっても、比較的入手しやすいカードであることから未成年の方にとってはありがたい存在でしょう。

双方の比較に関しては、以下の記事でも触れているため、ぜひ読んでみてください。

プリペイドカード

マネパカードCM/「海外旅行で安心&おトク!」編

プリペイドカードとは、事前にチャージした分だけ利用できるカードのこと
事前に現地通貨を用意する必要がない上に、プリペイドであるがゆえに予算の管理がしやすいです。
また、盗難や紛失があっても簡単にカード利用をオフにできます。

こちらも審査なしで入手できるとはいえ、常に残高をチェックしておかなければいけないことや自動引き落としができないことなどの欠点があります。

海外旅行を楽しむためにもクレジットカードは忘れずに!

今回は、現金だけでの海外旅行をおすすめしない理由やクレジットカードを持つメリット・デメリットなどを紹介しました
クレジットカードには海外旅行をする上で嬉しい機能がいくつも備わっています。
だからこそ、海外へ行く予定がある方は、航空券やホテルだけではなく、クレジットカードもチェックしてみてください!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました