国内航空券はどこで買うの?安く買う方法も解説!

国内航空券 買い方 サムネイル サイト紹介

旅行や出張の移動方法として飛行機は便利な存在ですが、国内航空券をどこで買うのかわからない方もいるでしょう。

また、買うのであれば、できる限り安く買いたい方も多いはずです。

そこで今回は、国内外で数多くの飛行機を利用してきた私が、国内航空券の買い方や安く買う方法などを解説します。

これから初めて国内航空券を買う方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

国内航空券の買い方は3つある

チケットとクリップと青空

「国内航空券ってどこで買うの?」と疑問に思っている方も多いかもしれませんが、基本的には以下の3箇所から購入できます。

  • 旅行代理店で購入する
  • 電話で購入する
  • インターネットで購入する

それぞれメリットとデメリットがあるため、自分に合った方法で購入しましょう。

①旅行代理店で購入する

近畿日本ツーリズムや日本旅行などでは各地に店舗を設けており、直接航空券を買うことが可能です。

旅行代理店で購入するメリットとしては、旅行に関する専門的な知識を持つスタッフと話し合いながら購入できることです。

あなたの旅行プランに合わせておすすめのものを提案してくれる上に、対面式ということもあって、支払いに関するトラブルも少ない傾向です。

一方、デメリットとしてわざわざ店頭に足を運ばなければならないため、近くに旅行代理店がない方や日頃忙しくて店舗に行く時間がない方には向いていません。

また、基本的に多くの旅行代理店は24時間営業しているわけではないことから、急遽国内航空券が必要になった際に対応してもらえない可能性があります。

②航空会社で買う

旅行代理店ではなく、ANAやJAL、Peachなどの航空会社から直接買う方法もあります。

購入方法としては公式サイトで購入する方法と電話して購入する方法の2種類がありますが、簡単という理由で公式サイトからの予約がおすすめです。

実際に自分も航空会社で買う際は、公式サイトを利用しています。

また、航空会社から購入することで欠航といった際のキャンセルにも迅速に対応してもらいやすくなります。

③航空券比較予約サイトで調べて買う

もし少しでも安い航空券が欲しいのであれば、航空券比較予約サイトで探してみるのがおすすめです。

航空券比較予約サイトとはさまざまな予約サイトをまとめて比較できるサイトのことであり、スカイスキャナーやGoogleフライト、トラベルコなどが挙げられます。

複数の予約サイトの中から一番安いところを見つけられるため、航空会社から航空券を買うよりもリーズナブルな価格で買える場合があります。

ただし、eDreamsmytripのような注意が必要な海外サイトも表示されるため、値段だけではなく、サイト自体もチェックしておく必要があります。

スポンサーリンク

オンラインで国内航空券を買う際の流れ

クレカとぼやけたPC

国内航空券を買う際は、基本的にオンラインで買うのがスムーズでおすすめです。

流れとしては以下の通りです。

  1. サイト上で希望する日時や往路・復路を調べる
  2. 航空券を選ぶ
  3. 搭乗車の情報を入力する
  4. オプションを選択する
  5. 入力情報を確認して申し込む
  6. 発券してから空港へ

それぞれどのように進めていくのか、1つずつ詳しく見ていきましょう。

なお、当サイトでは国内航空券が購入できる主なサイトでの予約方法を紹介しているため、更に詳しく知りたい方は、ぜひそちらもチェックしてみてください。

スカイ・シー格安航空券モールは評判が良い?口コミや予約方法などを紹介

エアブックマークは評判が良い?口コミや予約方法などを紹介

Trip.comは評判が良い?口コミや予約方法などを紹介

Tトラベルでの航空券予約はアリ?評判や予約方法などを解説!

格安航空券センターは評判が良い?口コミや予約方法などを紹介

さくらトラベルは評判が良い?魅力や口コミなどを紹介!

①サイト上で希望する日時や往路・復路を調べる

まずは航空会社や航空券比較予約サイトへアクセスし、希望する日時や往路、復路などを入力して検索しましょう。

基本的にどのサイトも似たようなものとなっているため、そこまで迷うことはありません。

JALトップページ
引用:JAL
Peachトップページ
引用:Peach
Skyscannerトップページ
引用:スカイスキャナー

②航空券を選ぶ

検索結果をもとに、航空券を選びましょう。

航空会社のサイトから選ぶ場合はいくつかのプランが提示されるため、プラン内容や金額などをチェックして選びます

また、往復の航空券を買う際にはこの段階で往路と復路の航空券を選びます。

③搭乗者の情報を入力する

航空券を選んだ後は、名前や年齢、性別など搭乗者の情報を入力します。

間違っていると搭乗できない恐れもあるため、入力後にミスがないか確認した上で次へ進みましょう。

④オプションを選択する

サイトによっては有料のオプションを用意している場合があります。

もし追加したいのであれば、この段階で選んでおきましょう。

主なものとしては以下の通りです。

  • 座席の指定(無料の場合もあり)
  • 機内食(無料の場合もあり)
  • キャンセル保証
  • 旅行保険

オプションに関しては必ず追加する必要はありません

ただ、海外の予約サイトの場合は勝手に有料オプションが追加されている場合があるため、すべて不要の方も一度チェックしておくことをおすすめします。

⑤入力情報を確認して申し込む

最後に入力情報を確認し、支払情報を入力して申し込みましょう。

支払い方法はサイトによって異なっており、銀行振込やコンビニ支払い、クレジットカード払いなどがあります。

ただ、サイトによっては手数料がかかる場合もあるため、そこまで踏まえた上で支払うようにしましょう。

⑥発券してから空港へ

航空券を予約したら、運営側が航空券があるかどうか確認して発券します。

航空会社から予約した際はすぐに発券されますが、それ以外のサイトで購入した場合は少し時間がかかる場合があります。

発券されたら当日空港へ向かい、スタッフやセルフチェックイン機に発券された情報を見せて搭乗手続きを行いましょう。

なお、スムーズに搭乗したい場合にはオンラインチェックインを使うのがおすすめです。

オンラインチェックインとは搭乗手続きの1つであり、預け手荷物がなければ、そのまま保安検査場に直行できます。

スポンサーリンク

国内航空券を安く買う方法

航空券 安く買う コストダウン

国内航空券を買うのであれば、できる限り安いものを買いたいと思うでしょう。

もしそうであるならば、安く買う方法を覚えておくのがおすすめです。

簡単にまとめると次のとおりです。

  • 搭乗する2ヶ月前やオフシーズンに買う
  • 航空会社の早割を利用する
  • LCCの場合は航空会社から予約する
  • メルマガに登録しておく
  • 日付や時間帯などを変えて調べる
  • 各予約サイトで比較して決める

これから国内航空券を予約しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

①搭乗する2ヶ月前やオフシーズンに買う

国内航空券は2ヶ月前に買うのが安くなるとされています

そのため、もし予約するのであれば直前に予約するのではなく、余裕を持って取り組むのがおすすめです。

また、オフシーズンを狙うのも国内航空券を安く買う上でチェックしておきましょう。

基本的に年末年始やゴールデンウィーク、夏休み時期などは航空券が高くなりやすい傾向です。

一方でそれ以外の時期だと安い航空券を見つけやすいでしょう。

②航空会社の早割を利用する

航空会社によってはさまざまな早割を設けており、早めに買うほど安い航空券を予約しやすくなっています

例としてJALの場合、以下のような早割があります。

  • ウルトラ先得(75日前まで)
  • スーパー先得(55日前まで)
  • 先得タイプB(45日前まで)
  • 先得タイプA(28日前まで)

③LCCの場合は航空会社から予約する

もしPeachやジェットスターなどのLCCの航空券を予約するのであれば、公式サイトを利用するのがおすすめです。

基本的にLCCでは公式サイトで独自のセールを開催することがあり、その内容は航空券比較予約サイトでは反映されていないことがほとんどです。

他の予約サイトでもセール内容が適用されていない場合があるため、LCCならば航空会社の公式サイトで探すと良いでしょう。

③メルマガに登録しておく

LCCではメールマガジンを配信しており、すぐにセール内容を把握できます。

セールによっては24時間限定のセールもあるため、安いタイミングで航空券を予約できます。

その他、ジェイトリップ(J-TRIP)という予約サイトの場合はJAL系航空券とホテルのツアーに関する情報をメルマガで配信しており、誕生日には割引クーポンを配布しています。

④曜日や時間帯などを変えて調べる

航空券は曜日や時間帯によって値段が変動するものであり、仮に同じ日にちでも時間帯が違うだけで数千円も違う場合があります。

特に朝早い便は安い傾向であるため、少しでも安く済ませたいなら午前中の便を予約すると良いでしょう。

また、曜日に関しては月曜日~木曜日が安くなりやすく、金曜日の夜の場合は他の曜日や時間帯と比べて、5,000円ほど高くなる可能性があります。

⑤各予約サイトで比較して決める

航空会社の公式サイトや旅行代理店の予約サイトなどで航空券の料金が異なるため、各予約サイトを比較しながら決めるようにしましょう

この際に注意しておきたいことが手数料です。

航空券予約サイトの場合、以下のように航空券代とは別に手数料が生じる場合があります。

さくらトラベル通常予約
引用:さくらトラベル

手数料は最初から表示されておらず、予約をしていく途中で表示されるものであることから、そこまで確認した上でどこが一番安いのか判断する必要があります。

ただ、スカイスキャナーやトラベルこのような航空券比較予約サイト経由での予約だと手数料が含まれていない場合があるため、そのようなサイトから探してみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

予約した国内航空券をキャンセルする場合はどうすれば?

タイプライターでキャンセル

もし予約した航空券をキャンセルしたい場合には、予約したサイトに問い合わせましょう

例えばTrip.comの場合、航空券を発見する前ならキャンセル代がかかりません。

また、基本的にどのサイトからの予約であっても、航空会社の都合で欠航した際やフライトが次の日に変更するほどの大きな日程変更の場合は、無料でキャンセルできるケースが多い傾向です。

一方で自己理由でのキャンセルは、全額返金されない可能性が高いため、航空券を予約する際はキャンセルすることがないとわかった状態で予約しましょう。

スポンサーリンク

安く買えるかも!?おすすめの国内航空券予約サイト

国内航空券 おすすめ サイト

国内航空券を予約できるサイトは数多くあるため、どこで予約すればよいのか悩むかもしれません。

そこで最後の項目では、航空会社よりも安く買える可能性がある予約サイトを3つピックアップして紹介します。

それぞれ比較して、自分に合ったところで購入してみましょう。

ホテルとまとめて予約できる「エアトリ」

旅行や出張で国内航空券が必要なとき、ホテル予約もしておきたいでしょう。

もしそうであるならば、エアトリがおすすめです。

エアトリでは国内航空券とホテルをまとめて予約することで、ホテル料金が最大70%オフになる可能性があります

帰りの空港の変更や宿泊日の変更などの日程のカスタマイズも自由にできるため、計画に応じた形で予約できます。

▼公式サイトはコチラ!▼

国内航空券+ホテルの予約なら【エアトリプラス】

地方都市や離島への旅行なら「NAVITIME Travel」

NAVITIME Travelでは、国内線14社すべての路線・フライトを調べることができ、乗継便の検索も可能です

そのため、地方都市間で直行便が結ばれていない区間や離島へのフライトを利用したい方におすすめです。

その上、新幹線やアクティビティなども調べられます。

▼公式サイトはコチラ!▼

業界最安値保証付き!「ソラハピ」

もし少しでも安い国内航空券を予約したいのであれば、ソラハピで探してみると良いでしょう。

ソラハピではすぐに最安値の航空券を見つけることができる上に、業界最安値保証も備わっています。

予約方法も簡単で、最短5分でチケット購入することが可能です。

▼公式サイトはコチラ!▼

なお、ソラハピに関しては別記事で詳しく紹介しているため、ぜひそちらもチェックしてみてください。

ソラハピは評判が良い?口コミや予約方法などを紹介【体験談あり】

スポンサーリンク

国内航空券の買い方を覚えて気軽に旅をしよう!

フライトの影

今回は、国内航空券の買い方や安く買う方法などを解説しました。

国内航空券には3種類の購入方法があり、その中でも特にオンラインでの購入がおすすめです。

また、オフシーズンに購入したり早割を利用したりすることで、安い国内航空券を予約しやすくなります。

その上、予約サイトによってはリーズナブルな国内航空券を見つけられる可能性があるため、これから買おうと考えている方は、いくつかのサイトを比較しながら決めるのがおすすめです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました