バスに乗って札幌から函館へ!予約方法や移動時間ってどうなの?

有珠山SAの展望台から見える景色② バスレビュー
休憩ポイントで見られる景色

札幌から函館に行く移動方法としては、飛行機・電車・車・バスの4つがあります。その中で一番安く済ませられるのがバスですが、実際どのように移動するのでしょうか。そこで今回は、実際の経験をもとに予約方法や移動時間などについて紹介します。

スポンサーリンク

バスのチケットはネットで!

バスのチケットは、以下のような流れで購入できます。

「バス比較ナビ」でルート検索

乗りたい日時のバスを選び、そのまま予約サイトへ

乗車地・降車地を指定して予約へ

自分は日本旅行の「バスぷらざ」というところで予約しましたが、こちらの場合はスマホが乗車券代わりになるため、わざわざ印刷する手間が無くなります。

また、今回は「バス比較ナビ」経由で購入しましたが、別にそのようなことをせずに予約サイトから購入しても問題ないでしょう。

スポンサーリンク

実際にバスを利用して札幌から函館へ行ってみた

自分が乗ったバスは16番のりばから乗車でした

予約方法をチェックした上で、次はどのような感じで函館へ行くのか見ていきましょう。

チケットは乗車時に見せよう!

購入したチケットは、乗車する前に見せてから乗り込みます。重たい荷物は係員に渡してバスの荷物入れに入れてもらいましょう。

今回自分が利用したバスは独立した3列シートであり、そこまで隣のことを気にせずにゆったりできましたスリッパや足置きもあるため、基本的には靴を脱いでおくとリラックスできて良いと思います。

今回利用したバスは、こんな感じの足元でした。

ずっと続く海沿いの道

天気さえ良ければキレイな海が…

札幌から函館まではバスで5〜6時間かかりますが、その半分くらいが海沿いの道を進んでいきます。ずっと窓から太平洋が見られるため、ついつい撮影したくなるかもしれません。

なお、休憩自体は2回設けられており、そのうちの1つ(有珠山SA)では美しい景色が見られます

休憩ポイントではこんな景色が見られちゃいます!
ちなみに有珠山SAはこんな感じ

降りる際はボダンを押して

降車ボタンは上にありました

停車に関しては必ず止まってくれるわけではなく、一般的なバス同様にボタンを押す必要があります。乗り過ごさないためにも、函館に近づいてきた段階で起きておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

時間はかかるけど安く移動したいならバスを使おう!

今回降りた湯の川温泉北バス停

今回は、札幌から函館へバスで行く方法や実際の様子などについて簡単に紹介しました。どうしても時間がかかってしまうとはいえ、飛行機や電車よりも安く済ませることができます。時間とお金、どちらを優先させるか考えた上で選んでみると良いでしょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました