国内線でGotogateがおすすめできない3つの理由【評判や実体験も紹介】

gotogateのサムネ ライフスタイル

「エアトリ」や「航空券.net」など、国内線の航空券を予約するサイトはいくつもありますが、中には評判が怪しいサイトもあります。

その1つが「Gotogate」ですが、実際のところどうなのでしょうか?

そこで今回は、「Gotogate」の評判や実体験を踏まえつつ、国内線の予約でおすすめできない理由や代わりにおすすめできる予約サイトを紹介します

「Gotogate」を利用しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

そもそもGotogateとは?

Gotogateのトップページ(引用元:Gotogate

「Gotogate」は海外に本社がある航空券予約サイトであり、650社もの航空会社のチケット価格を比較できます。

定番の航空券比較サイト「スカイスキャナー」でもよく登場するサイトであり、海外航空券を探した方であれば一度は見たことあるでしょう。

Gotogateが国内線の航空券でおすすめできない理由

「Gotogate」の国内航空券を購入する上でおすすめできない理由としては、主に3つ挙げられます。

①海外サイトで翻訳精度が…

上記で紹介したように、「Gotogate」は海外サイトです。

もちろん、「Trip.com」や「スカイスキャナー」なども海外サイトですが、「Gotogate」の翻訳精度が若干悪いことから、利用者としてはどうしても不安になってしまうでしょう。

吉史
吉史

翻訳のひどさはどうしても不安要素になってしまうよね…

②評判が悪い

「Gotogate」は国内外から低評価されるほど評判が悪く、批判的な声が多く挙がっています。

事実、世界中の企業レビューが集まるTrustPilotでは、5つ星中1.7というひどい結果が出ています。

TrustPilotで見かけたGotogateへの声

TrustPilotでのレビューをいくつかピックアップしてみると、以下のような声が挙がっていました。

▪️日本語サイトから予約したら、姓名逆でeチケットを発券された。

引用元:TrustPilot

予約した日程当日に空港に行くと、日程が勝手に変更されていました。

引用元:TrustPilot

台風で欠航になる場合の対応がどうなるか聞いているのにキャンセルしか承らないと、外国の方で日本語が流暢に話せないのはともかく語気を強めて怒りながら言われました。

引用元:TrustPilot

Twitterで見かけたGotogateへの声

TrustPilotだけではなく、Twitterでも「Gotogate」に関する低評価の声が挙がっています。

これほど挙がっていれば、さすがに誰でも大丈夫なのか不安になってしまうでしょう。

ただ、Twitterの情報によると最近は改善されているようであり、問題なかったという声も挙がっていました。

③トラブルが多い

上記の口コミでも分かるように、「Gotogate」に関するトラブルは非常に多いです。

主なものとしては、「キャンセル代が返ってこなかった」や「予約されていなかった」など。

英語で電話したとしてもスムーズに対応してくれるとは限らないため、どちらにせよトラブルに巻き込まれたら非常に面倒なことになってしまうでしょう。

実際に国内線でGotogateを利用してみた

このように問題が多い「Gotogate」ですが、それでも安いのが唯一とも言えるメリット。

そこで、実際に国内線で「Gotogate」を利用してみることにしました

予約はGoogleフライト経由から

今回は「Gotogate」のトップページからというわけではなく、「Googleフライト」経由から予約することに

「Googleフライト」も「スカイスキャナー」同様に格安航空券を見つけられる比較サイトとして役立つため、国内外問わずチェックしておくと良いでしょう。

多すぎるオプション

引用元:Gotogate

「Gotogate」の名物と言えるものが、オプションの多さです。

紛失手荷物サービスや保険などさまざまなオプションがあるため、それらをいちいち設定しなければなりません。

また、個人データを入れた後にも、まだオプションの選択画面が登場します。

引用元:Gotogate

利用者としては「いい加減にしてくれ!」と思うかもしれませんが、きちんとチェックしておきましょう。

支払う前に手数料をチェック!

「Gotogate」で予約する場合はクレジットカードで支払いますが、手数料が航空券によって変動します。

そのため、事前にどのくらいの手数料がかかるのかチェックしておきましょう。

引用元:Gotogate

調べ方としては、経路を検索した後に価格情報をクリックすることで確認できます。

一応予約できたが…

クレジットカードでの支払いも終え、無事に羽田から札幌へ向かう国内線の航空券を予約できました。

ただ、「Gotogate」から送られてきたデータで公式サイトにはログインできないため、オンラインチェックインしたい方には向いていません

吉史
吉史

ちなみに、今回は羽田→札幌行きのAIRDOに乗りました。

問題なくフライトに搭乗

当日、不安な気持ちで羽田空港へ向かいましたが、無事にチェックインもできて搭乗できました

その上、搭乗口が変更したこともメールで報告してくれたこともあり、意外にもしっかりしているように思えました。

吉史
吉史

だからといって、積極的に利用したいサイトかと言うと…うーん…

Gotogateはおすすめできる予約サイト?

評判や実体験のことを踏まえた上での判断ですが、正直なところ国内線予約で「Gotogate」を利用するのはあまりおすすめできません

サポートもしっかりしていない上にトラブルも多いことから、旅行慣れしていない人には不向きでしょう。

もちろん、上記で紹介したように「Gotogate」の航空券は他の予約サイトと比べて格安で購入できるチャンスがあります。

ただ、安いからといって安全性を捨てるのはもったいないもの

日本であれば、豊富な国内線の格安航空券があるため、もし安く済ませたいのであれば「Gotogate」以外のサイトもチェックしてみましょう。

Gotogate以外でおすすめの国内航空券予約サイトって?

※イメージ画像です

ここまで読んだ方なら分かるように、「Gotogate」にはさまざまな不安要素があります。そのため、あまり気軽におすすめできるものではありません。

もしあなたが国内線の航空券を予約しようと思っているのであれば、以下のサイトをチェックしてみましょう。

①とりあえずチェックすべきサイト「スカイスキャナー」

航空券予約サイトはいくつもありますが、とりあえずチェックしてもらいたいサイトが「スカイスキャナー」です。

旅行好きには定番のサイトであり、複数の航空券予約サイトをまとめて比較できます。

サイト自体も見やすい上に国内外使えるため、国内線の航空券が欲しいのならばチェックしておいて損はありません。

▼公式サイトはコチラから!▼

②国内航空券の専門サイト「さくらトラベル」

「さくらトラベル」は、国内線の航空券に特化した予約サイト。

ANAやJALなど国内線を運航しているすべての航空会社を一括で比較できます。そのため、格安な国内航空券をサッと探したい方にはぴったりでしょう。

また、株主優待割引の航空券が買えるという魅力もあります。

「さくらトラベル」が持っている株主優待券を使うため、どんな方でもお得な航空券をゲットすることが可能。

そのほか、座席指定料が0円であることや各航空会社のセール情報も掲載されていることなどの利点もあります。

▼公式サイトはコチラから!▼

③レンタカーやフェリー予約も可能!「スカイチケット」

「スカイチケット」は、国内航空券はもちろんのこと、高速バスやフェリーの予約も可能。

そのため、まとめて複数の移動手段を予約しておきたい方にはおすすめです。また、国内航空券であれば、当日予約ができます。

「スカイチケット」が誇るもう一つの魅力は、気軽に最安値検索ができること。

簡単に最安値の航空券を見つけられるため、どこが一番安く乗れるのか瞬時に判断できます。

▼公式サイトはコチラから!▼

④まとめてホテルも予約するなら「Expedia」

ホテルとまとめて国内線の航空券を予約したいのであれば、「Expedia」がおすすめ。

航空券と合わせて予約することで、ホテル代金が最大半額になります。特に、一括で移動手段も宿泊先も押さえたい方にはぴったりでしょう。

そのほか、予約手数料が無料であることや会員限定の割引が設けられていることなども「Expedia」の魅力的なポイントです。

▼公式サイトはコチラから!▼

Gotogateは旅行上級者向けの予約サイト

今回は、評判や実体験を交えながら「Gotogate」が国内航空券を予約する上でおすすめできない理由を紹介しました

実際の経験から「Gotogate」でもきちんと予約できるとはいえ、評判の悪さやトラブルの多さから、旅行上級者向けの予約サイトと言えます。

もし国内航空券を予約したいのであれば、「Gotogate」ではなく「さくらトラベル」や「スカイチケット」などのおすすめサイトから予約したほうが良いでしょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました