Webライターにおける仕事の取り方【初心者の方は要チェック!】

webライター仕事取り方サムネイル Webライター

Webライターを始める場合、仕事の取り方は覚えておくべきポイントです。
しかし、始めたばかりであればどう取ればいいのか分からない方が多いことでしょう。
そこで今回は、初心者の方向けにWebライターにおける仕事の取り方を紹介します。
どうやって仕事を取ればいいのか分からない方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Webライターにおける主な仕事の取り方

タイピング中の手元

Webライターが仕事を取る方法としては主に5つあります。
それぞれ特徴が異なるため、自分に合ったところを選んでみましょう。

①クラウドソーシング

おそらくWEBライターとして始めたばかりの方にとっては、クラウドソーシングが一番浮かぶ方法ではないでしょうか。
クラウドソーシングというのは、インターネットを使ってさまざまな人に仕事を発注する業務体型のこと。
主なサイトとしては、以下のとおりです。

▼おすすめのクラウドソーシングサイト▼

【クラウドワークスの特徴】

・クラウドソーシングサイトの中でも案件数が非常に多い

・初心者向けの案件もそろっている

公式サイト:クラウドワークス

【ランサーズの特徴】

・サポートが充実している

・さまざまな機能も備わっているクラウドソーシングサイト

公式サイト: クラウドソーシング「ランサーズ」

【ココナラの特徴】

・自分のスキルや知識を自由に売買できる

・Webライター以外の分野でも参加しやすい

公式サイト:ココナラ

クラウドソーシングには、さまざまな案件が掲載されています。
そのため、初心者Webライターが稼ぐきっかけを掴みやすく、ここからデビューする方もいます
事実、自分もWebライターとして初めて仕事をもらったところがクラウドワークスでした。

ただ、クラウドソーシングは仲介手数料がかかってしまう上に高単価案件がすぐ見つけられないという欠点もあります。
それ以外に以下の記事で紹介しているような危険な案件もあるため、始める際は注意しましょう。

②SNS

TwitterやFacebookなどのSNSも、Webライターが仕事を獲得できる場所です。
例としてTwitterの場合、「#ライター募集」と検索すれば多くの募集ツイートがヒットします。
高単価案件の場合はすぐに多くの方が応募するため、できそうなものがあればすぐにDMで応募しましょう。

③求人サイト

IndeedやWantedly、engageなどの求人サイトもWebライターの仕事を獲得できます。
ただ、サイトごとに特色があるため、自分が求めている仕事に応じて選ぶのがおすすめ。
例としてWebライターのアルバイトを探しているのであれば、バイト情報も掲載されているIndeedをチェックしてみましょう。

吉史
吉史

実際にIndeed経由でWebライターのアルバイトをしたこともあるので…

④コネ

「コネなんてちょっと…」と思うかもしれませんが、仕事を取る方法の1つに含まれます。
事実、知り合いのフリーランスや親戚などから仕事をもらったというケースもよく聞きます。
ただ、コネに関してはその人の環境や人付き合いによって異なるため、誰でもできるというものではありません。

吉史
吉史

自分もコネで仕事もらったことないです…
寂しいなぁ…

⑤メディアのWEBライター募集欄

Webライターの方には、書いてみたいメディアがある方もいるでしょう。
もしそうであれば、そのメディアや運営元の公式サイトをチェックしてみてください。
もしかすると、Webライターを募集しているという文言が見つかるかもしれません。
具体的な金額や納品方法は各メディアで異なるとはいえ、Webライターを募集しているようであれば、早速応募してみましょう。

スポンサーリンク

仕事を取る上でチェックすべきポイント

チェックマークを持つ

上記のようにさまざまなところで仕事が取れますが、その上でチェックすべきポイントがあります。
自分に合った仕事を見つけるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

自分が求める働き方とマッチしているか

Webライターにはさまざまな働き方があるため、募集要項が自分に合った働き方なのかチェックしましょう。
クラウドソーシングのような業務委託のケースもあれば、正社員としての採用を検討しているケースもあります。
また、業務委託といってもオフィスで作業するケースもあるでしょう。

さまざまな働き方があるからこそ、自分が求める働き方とマッチしているかどうか確認しておく必要があります
もし合わないのであれば、一旦聞いてみるのもおすすめ。
企業によっては、あなたが求める働き方でもOKを出してくれるかもしれません。

どのような内容をライティングするのか

Webライターの募集案件があったとしても、自分が不得意な内容だとライティングがなかなか進みません。
特に初心者の場合は、調べることに時間がかかってしまう上にライティングのスピードも遅いことから、期限までに間に合わない恐れがあります。
そうならないためにも、どのような内容をライティングするのかチェックしましょう

初心者の場合は、できる限り自分が知っているジャンルや趣味が活かせるようなジャンルを選ぶのがおすすめです。
なぜなら、もともと持っている知識を活用できるため。
特に医療系や不動産系、IT系などは高単価案件が多いため、もしあなたがそれらの業務経験があるならば、積極的に狙ってみるとよいでしょう。

どのようなところが募集しているのか

募集内容だけではなく、募集しているところもチェックすべきポイントです。
どれだけ魅力的な募集内容であったとしても、うさん臭い方から引き受けるのはどうしても戸惑うもの。
特にSNSの場合は詐欺に巻き込まれたり情報商材を勧められたりなどのトラブルが起きやすいため、どのようなところが募集しているのか注意すべきです。

仕事の単価はどのくらいなのか

Webライターとして働く上では、やはり単価も重要なポイント。
ついつい初心者だと安く引き受けてしまうかもしれませんが、だからといって極端に低い案件を引き受ける必要はありません。
初心者であっても、最低1円以上の案件を探すようにしましょう。

ポートフォリオを用意しているか

基本的にどの募集要項にも、これまでの実績を求めるケースが多いです。
実績を求める理由は、自社(あるいは自社が運営するメディア)が求める要素やスキルを持っているのかチェックするため。
例えば医療系メディアのWebライターを募集している場合、一般的なWebライターよりも医療経験や過去に医療系記事を執筆したWebライターを選ぶでしょう。
もしWebライターとしてのポートフォリオを用意していないのであれば、すぐに作成しておきましょう。

吉史
吉史

自分の場合は、Google ドキュメントで検索上位の記事や過去に書いてきたジャンルなどを毎月更新する形でまとめています!

ただ、始めたばかりの場合は実績がないため、ポートフォリオを作成できません。
その場合は、ポートフォリオ以外の内容でアピールしましょう。
上記で用いた医療系メディアの場合、過去に看護師や薬剤師などで働いた経験をアピールすれば、採用してもらえるかもしれません。
また、noteや自分のブログで複数の記事を作成してポートフォリオとする方法もあります。

スポンサーリンク

Webライターはさまざまなところから仕事を獲得できる

ノートパソコンとメモ帳とサムズアップ

今回は、Webライターにおける仕事の取り方やその際のポイントを紹介しました。
Webライターはクラウドソーシングや求人サイトなど、さまざまなところで仕事を引き受けられます。
もし仕事の取り方が分からないのであれば、この記事を参考にして魅力的な案件をゲットしてみてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました