ギリシャからブルガリアへバスで行くのは意外と簡単!

バス車内 バスレビュー
バス車内のイメージ画像(出典:Unsplash)

ヨーロッパは陸続きの国が多いため、できる限り移動費を減らしたいのであればバスがおすすめです。
ただ、初めてバスを利用する方にとっては、どのように乗ればいいのか不安になるかもしれません。

そこで今回は、今回は実際に利用したギリシャからブルガリアへ向かうバスについて紹介します。
ギリシャやブルガリアへの旅行を検討している方は、ぜひ読んでみてください!

吉史
吉史

快適なバスに乗ってギリシャからブルガリアへ向かおう!

スポンサーリンク

ARDA TURでソフィアへ

今回はギリシャ第2の都市であるテッサロニキからブルガリアの首都ソフィアへ向かうバスに乗りました。
バス会社はARDA TURであり、規模自体は小さいですがヨーロッパ各地で運行しています。

スポンサーリンク

getbybusの予約方法を覚えよう!

getbybusの英語版メインページ(出典:getbybus公式サイト

テッサロニキからソフィアへ向かうバスは、getbybusというサイトを通じて予約しました。
getbybusはヨーロッパで運行している様々なバスの予約が可能。予約方法も非常に簡単です。

①出発地・到着地・日程・人数を検索

まずは出発地・到着地・日程・人数を入力して検索しましょう。
検索すると、以下のような画像が出てきます。

getbybusの検索結果(出典:getbybus公式サイト

テッサロニキからソフィアへ行くバスは結構多いですが、どのバスでも大体5時間ほどで到着します。
検索結果から時間帯や予算に合うものを見つけて、「BUY FROM PARTNER」をクリックしましょう。

②個人情報を入力して支払えば完了!

リンク先の画面(出典:ARDA TUR公式サイト

「BUY FROM PARTNER」をクリックすると、バス会社の予約画面に飛ばされます。
無事に飛ばされたら個人情報を入力して支払えばOK
今回僕が予約したARDA TURの場合はクレジットカードとPayPalが使えます。
当日は印刷したチケットを持っていきましょう。
テッサロニキであれば、観光スポットであるガリレウスの凱旋門近くに、リーズナブルな価格の印刷屋がいくつも点在。
僕が利用した印刷屋は以下の場所にあります。

テッサロニキの場合はバス停に注意!

予約方法は非常に簡単ですが、どこから出発するのかチェックしておかないと乗れない可能性があります
テッサロニキからソフィアへ向かう場合、バス会社によってバス停が異なります。
ARDA TURの場合はテッサロニキ駅のすぐ近くにある、ARDA TUR支社の隣。

その他のバス会社であれば、市街地から離れているテッサロニキ・マケドニアバスステーションで乗り込みます。

個人的には市街地に近いARDA TURのバスがおすすめ。
他のバスよりは少しだけ高いですが、市街地からマケドニアバスステーションへ行くために費用がかかってしまい、ARDA TURと変わらない値段になってしまいます。

吉史
吉史

なんでギリシャなのにマケドニアって名前が付いているのかということに関しては以下の記事を読んでみてね!

スポンサーリンク

実際にギリシャからブルガリアへ行ってみた

バスの窓から眺めるのどかな風景

ここからは実際にバスを使ってギリシャ(テッサロニキ)からブルガリア(ソフィア)へ行ったみた経験談について紹介します。
実際に利用しようと考えている方は必見ですよ!

ARDA TUR支社でチケットを見せよう!

ARDA TURではパンとミネラルウォーターをプレゼント

今回は朝8時から出発するバスを予約し、早めにARDA TUR支社で受付。
チケットには「15分前に来てください!」と書かれてますが、当時購入する方もいる影響で若干混雑するため、早めに来ておくのがおすすめです。

チケットを見せると受託手荷物に貼るシールを渡されるので、そのシールを荷物に貼り付けてバスへ向かいましょう。

時間がある場合は、ARDA TUR支社の目の前にあるキオスクで朝食を購入するのもおすすめ。
ただ、バス内ではドリンクとパンが配られるため、無理して購入する必要はないでしょう。

ちなみに、キオスクはコンビニの代わりとして至るところに存在しています。

受託手荷物は35kg以内

ARDA TURの場合、受託手荷物はスーツケース2個まで預けられます。
ただし35kgという重量制限があるため、気をつけましょう。

といっても、さすがに35kgをオーバーする荷物を持っていく人はバックパッカーであってもいないような気がします。

嘘つきARDA TUR

ARDA TURは、出発した後にパンとドリンクを渡してくれます。
後ほど「ドリンクいる?」という形でコーラやコーヒーの有無を聞いてくれるため、無理して飲み物を用意する必要はありません。

このあたりは嬉しいのですが、公式サイトや個人情報入力フォームに記載されていた無料Wi-Fiはありませんでした!

僕はブルガリアでも使えるSIMカードを持っていたため、そこまで困ることは無かったとはいえ、もし日帰り感覚でブルガリアへ行こうと考えているのであれば注意が必要です。

吉史
吉史

無料Wi-Fiは一部路線だけなのかぁ…?

国境線はスタッフにパスポート渡せばOK

ギリシャとブルガリアの国境線に到着すると、スタッフがパスポートを回収
アジアの場合は自分で入国審査を受けますが、ヨーロッパの場合はわざわざ降りる必要が無いのでありがたいです。
審査が終わると、名前を呼びつつ渡してくれます。

ちなみに、国境線沿いで休憩時間が与えられます。
国境線沿いのトイレは無料で使えますが、キレイでは無いどころか座る場所すらありませんでした。

ブルガリアに到着したらどうすればいい?

ソフィア中央バスターミナル

ブルガリアのソフィア中央バスターミナルは、地下鉄やタクシーが揃っているため、スムーズに中心地へ移動できます。
ブルガリアは治安が悪いと言われますが、地下鉄は安全なように思えました
料金は全て統一されており、初めて購入する方であっても戸惑うことはないでしょう。
具体的な操作方法は以下のサイトをチェックするのがおすすめです。

吉史
吉史

世界旅行雑記帳さんありがとうございました!

スポンサーリンク

コストを抑えたいならバスが一番!

今回はギリシャからブルガリアへバスで行く方法を紹介しました。
そこまで難しいと思えるようなことはありませんので、できる限りコストを抑えて移動したいのであればおすすめですよ!

▼海外航空券はこちら!▼

サイト名魅力
Trip.com・アジアに強い
・鉄道の予約も可能
Surprice(サプライス)・定期的にお得なセール開催
・日本の旅行代理店だから英語が不安な方も安心
お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』・数多くの航空券をまとめて検索できる
・シンプルな作りで見やすい
Expedia(エクスペディア) ・航空券とホテルをまとめて予約できる
・会員限定のお得な特典がある
※実際に利用したサイトのみピックアップしています
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました